ブログトップ

PIRO PIRO - とりアート -

CGアートとボタンインコ


by おかだ
プロフィールを見る

クリスマスとインフルの季節

a0112595_22105908.jpg

さあ、2016年もクリスマス一色の季節になりました。
イラスト作ってるとやはりクリスマスな1作品は毎年作ってしまうものです。

といっても、今回のイラストは今年のだいぶ前半から作っていたんですけどね^^
個展では、この作品、会期途中に展示したのですが、数時間後にお買い上げいただきました。


2016年、思いがけないことが起こる年でした。
熊本地震に骨折、ちゅんのリリース、ちゅんの帰郷と急すぎるお別れ。
他にも、ちゅんのリリース後に、職場の窓にぶつかったヒバリの若鳥を看取った夏。


ピロには、地震で放鳥を我慢させた以外、何事もなく、
しあわせな1年を過ごすことができたと思います。
毎日、同じことのローテーションを心がけて。


まーだ、師走の最中です。
気を抜かず、毎日、一瞬一瞬を丁寧に
過ごしましょう。と自分に言い聞かせてます。



それから以下、先月あたりからニュースでまた聞くようになってきた
鳥インフルエンザについてです。


私のブログに拡散力はないと思いますが、以下、日本野鳥の会メルマガより、抜粋しました。
メルマガ読者だけでなく、多くの方に知ってもらいたいと思ったからです。
うちは餌台とか水場は関係ないよという方でも、一読しておくといいと思います。
自然界からの防ぎようのないウイルスですが、少しでも苦しんで亡くなる鳥たちが減りますように。

■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■

1. 餌台やバードバス(水場)を設置している方へ、
   鳥インフルエンザの感染拡大を防ぐためのお願い

■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■

最近、高病原性鳥インフルエンザが流行しているニュースが増えてきています。
高病原性鳥インフルエンザは家禽に重大な被害をもたらす家畜伝染病です。
高病原性というのは、ニワトリに対する病原性のことをいいます。
現在確認されている高病原性鳥インフルエンザが人に感染した例は
生きた家禽などを扱う海外の市場など限られた条件下のみです。
通常の状況下で人に感染するリスクは殆どなく、
皆さんが過度に恐れる必要はありません。

鳥インフルエンザウィルスは、カモ類が自然宿主であるため、
餌台で小鳥が鳥インフルエンザに感染するリスクは小さいものと考えます。
しかし、各地で鳥インフルエンザが確認されている状況で、
餌台やバードバス(水場)等(以下、餌台等)に鳥を集めることは
野鳥への感染のリスクを高めることにつながります。
そこで、高病原性鳥インフルエンザの更なる感染拡大を防ぐため、
下記の事をお願いいたします。

<こまめに掃除を>

1)餌台等に糞が付着している場合は、取り除いてください。
  鳥インフルエンザウィルスは、腸管から糞と一緒に排出されます。

2)餌台等の上だけではなく、周りや下に落ちた糞や餌もこまめに掃除してください。
  食べこぼして糞とまじったような餌は他の病気の流行や拡大の原因ともなります。

3)餌台等は、家庭用塩素系漂白剤等で消毒し、
  しばらくした後によく水で流し乾燥させてください。
  具体的には、

 ・バケツに、キッチンハイター約1.2杯を5Lの水で希釈し、
  その中に餌台等を2分間つけおきし、その後、水で洗い流します。

 ・バケツに入らないような大きな餌台は、スプレータイプのキッチン泡ハイターを
  餌台等全体に吹き付け(10cm四方当り5回スプレー)、
  2分間放置したあと水で洗い流します。

  (70~80%程度のアルコールスプレー等でも効果はありますが、
  餌台等はご家庭に設置されている場合が多いので、
  より殺菌能力の高い家庭用塩素系漂白剤をお薦めしています。)
  (塩素系漂白剤は時間が経つと効果が低下しますので、
  最近購入した使用期限内のものを使います。
  また、作りおきせずにその都度希釈し使い切ってください。)


<餌の量を調整してください>

4)清潔を保つため、できるだけ1日で食べきる程度の餌を入れてください。
  餌台等に古い餌が残るとフンが餌に交じり、これを他の野鳥が食べてしまうことで
  ウィルスを拡散させる危険があります。
  また、雨で濡れた餌はカビや細菌がふえやすくなります。
  鳥インフルエンザ以外の様々な病気が蔓延する原因になるので注意が必要です。


<ご自宅の近く(10キロ圏内が目安)で、
 強毒性の高病原性鳥インフルエンザが確認された場合>

5)給餌等の設置を自粛してください。
  これは、人間の間でもインフルエンザが流行った際に、
  極力人ごみに出ないようにすることが推奨されるのと同様です。
  野鳥の場合も近くで鳥インフルエンザが発生している場合は、
  野鳥をむやみに集めないほうが、感染拡大を防ぐことができるからです。


以上です。多くの鳥たちが、しあわせにその命を全うできますように。



(記事アップ後の)追記!!!クリスマスのイラスト、ちょっと前の記事でもアップしてました・・・!(恥)
すでに気が抜けてる(笑



コメント欄は「承認制」となっていますが、スパム対策ですので、投稿どうぞご自由に!
(承認が数日後となったりしますが、単なるブログチェックの遅れです^^;)

いつもご訪問ありがとうございます。応援どうぞ宜しくお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ


ポストカード・パネル作品販売しています
a0112595_22435320.jpg




↓ ポスカ、パネル以外の商品はクリエイティブモーションさんのショップで購入できます。2017年カレンダーも!
メモ帳、マスキングテープなどはこちら!
a0112595_2333927.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://vividmimic.exblog.jp/tb/23458887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みしぇる at 2016-12-14 20:38 x
同じことのローテーション、これがいかに幸せなことか。。

鳥インフル、まったく厄介な病気が出てきたものですね。
Commented by vividmimic at 2016-12-15 22:22
>みしぇるさん
ほんっとうに、毎日同じことを繰り返せるって、幸せなことです。今年は熊本地震を体験して、本当にそう思いました。
災害なんて、経験するまではなんかちょっとしたわくわく感もあったりしてたんですが、心身で”命の危険”を体験しました。大きな地球には逆らえないんだなあと。

鳥インフルもそのうちの一つかもしれませんね。人間への脅威でもありますが、まだその前に、罹患した鳥たちが気の毒でなりません。
by vividmimic | 2016-12-11 22:41 | CG | Trackback | Comments(2)